タイトル

プリザーブドフラワーの長所

毎年冬から春にかけて、私たちを悩ませるものに杉の花粉があります。
この杉の花粉症にかかるとくしゃみ、鼻水、鼻づまりはもとより、目のかゆみや頭痛等も伴います。
現在日本人の約十分の一がこの杉の花粉症に苦しんでいると言われていますが、実際に花粉症に苦しむ人にとっては、毎年の春先は何とも憂鬱で、その苦しみは何とも耐えられないものがあります。
毎年春先の天気予報には桜前線以外に杉花粉前線も登場し、前年の気候等を基にした花粉の飛散量に関する予想も進んでいます。
杉の花粉症に関する話題は、もはや国民の大きな関心事になっている感があります。
このようにアレルギー症を引き起こすものとしては、杉花粉が一番有名ですが、こうしたアレルギー症の元凶は杉の花粉だけに止まりません。
実際には多くの草花が飛散させる花粉が、人間のアレルギー症を引き起こしています。
興味のある方は病院や保健所、或いは関係機関のホームページやお知らせなどで調べてみるといいでしょう。

その他の特徴

プリザーブドフラワーの特徴は他にもあります。
花の美しさを長く保存し、長い時間それを楽しみたいと言う発想から生み出され、改良が加えられてきたプリザーブドフラワーは、寿命が非常に長くなっています。
ではそのプリザーブドフラワーは一体どのくらい保存ができるのか、ということですが、保存状態が良ければ何と十年以上保存できると言われています。
見た目には生花と変わらないプリザーブドフラワーが、その美しさと瑞瑞しさを十年以上も保つことができるなんて、それはまさに奇跡そのものと言ってもいいでのはないでしょうか。
これだけ長く美しさを保てるプリザーブドフラワーですから、その作り方は非常に難しく、複雑な過程を辿るのでは、という印象を受けます。
ですが実際のプリザーブドフラワーの作り方は簡単で、且つ安全です。
例えばプリザーブドフラワーを作る際に、花を乾燥させたり保存したりするために薬品を使いますが、その薬品にも揮発性のない液体を使うことができますので安全ですし、身体にも害はありません。
またプリザーブドフラワーには水を与える必要がありません。
というか水を与えてはいけないのです。
従って普段の手入れも簡単で、直射日光に当たらないようにするなど、保管場所に多少注意を払えばいいのです。