タイトル

プリザーブドフラワーの短所

プリザーブドフラワーは近年日本でもその認知度を高めてきました。
まるで生花であるように、その花の美しさや瑞瑞しさがほぼ原型のままで保たれているので、結婚式で花嫁が手にするウエディングブーケとして使われるケースがよくあります。
プリザーブドフラワーと聞いてわからなかった人も、ウエディングブーケと言うと納得してもらえるかもしれません。
他に結婚祝いや出産祝いの贈り物やギフト、或いは誕生日やその他記念日のプレゼントしてプリザーブドフラワーが贈られるケースが増えています。
また最近ではホテルやレストラン、ロビーなどのパブリックスペースに置かれていることもあります。
これを見た皆さんは、何故このような陽の当たらないところで植物が生い茂っているのかと不思議に思ったかもしれませんが、これがプリザーブドフラワーであって、本物の植物とは若干異なるのです。
このプリザーブドフラワーは本物の植物と見分けがつかないくらい精微にできているのです。

直射日光

直射日光の当たるところにプリザーブドフラワーを置かないようにします。
プリザーブドフラワーに直射日光が当たると、それがもたらす紫外線によって、変色したり褪色したりすることがあります。
プリザーブドフラワーを作る過程で、折角自分の好きな色にコーディネイトしたにもかかわらず、保管がまずかった故にプリザーブドフラワーが変色してしまったのでは、苦労も台無しです。
従って日光には十分に気をつけます。
また色に関して言えば、プリザーブドフラワーが布などに長時間接したままになっていると、染色に用いた染料が色移りすることがあります。
従って特に洗濯物等には気をつけます。
いずれにせよプリザーブドフラワーが何か他の物に長期間接触してしまうといったことは避けましょう。
あとは室内では特に注意することですが、エアコンやヒーターの風が直接プリザーブドフラワーに当たらないように注意します。
エアコンやヒーターは室内の乾燥をもたらします。