タイトル

プリザーブドフラワーを知っていますか

皆さんは学生時代に社会科で地理を学習したと思います。
その中で世界の気候について学習したのを覚えていますか。
熱帯とか温帯とか寒帯とかのあれです。
日本は気候で言えば国土の大部分が温帯に属します。
日本の気候の特徴としては、四季の変化が非常にはっきりしていることです。
季節の変化がはっきりしていて、一年のうち4つの季節がもたらす風物、気象、食べ物等を全て楽しめるのが、日本の気候の特徴です。
従って暑い、或いは寒いなどと不平を言わずに、日本の季節の変化を寧ろ楽しむくらいの余裕と心がけがあってもいいのではと思います。
日本には4つの季節があって、それぞれに季節を代表する風物があるという話をしましたが、そのなかでも春といえば、やはりあちこちに美しく咲き乱れる花たちでしょう。
長い冬が過ぎ去った後、新緑と所々に見られる美しい色の花とが春の訪れを実感させてくれます。
初春の訪れと共に、桜前線の便りをあちこちで耳にするようになり、それによって多くの日本人が心を躍らせることになります。
私たち日本人は桜の花をこよなく愛しています。
ですが春の花と言えば、桜だけではありません。
桜以外にも春には多くの種類の花が咲きほこり、私たちを楽しませてくれます。

人類は花を愛しています

私たち人類は花を愛しています。
これは当然現代に止まらず、古来から人類は花を愛してきました。
花に美しさを見出し、それを愛でてそして慈しむ心を持っているのは当然日本人だけではなく、世界中の人々が同じです。
現代人だけではなく、古代人も同じでした。
そしてその花の美しさ、麗しさをいつまでも愛し、楽しむことができるように、人類は知恵を絞ってきました。
当然ながら花にも人間と同じように寿命があります。
花の寿命は人間のそれよりも遥かに短く、はかないものです。
花は永遠に咲き続けて、その美しさを永遠に保てるというわけではありません。
それに対し、人類はどうすれば長い時間花の美しさを保ち、それを楽しみ続けることができるか、その方法を考えてきました。
その過程で人類は様々な技術を考え出してきました。
それが例えば押し花やドライフラワー等といった物で、それが更に発展したアートフラワー等といったものです。
これらのものの発展は、言い換えれば花を愛し、その美しさを長く愛でたいと考える人類の気持ちの表れだと言えます。
皆さんはプリザーブドフラワーという言葉を聞いたことがありますか。
プリザーブドフラワーは最近日本でも広く認知されるようになったものですが、ある意味そうした押し花やドライフラワー等の延長線に位置するものです。

おすすめWEBサイト

Last update:2015/1/6